meigenz

名言ず : 人生を前にむけてくれる 魂を深呼吸させてくれることばたちを贈ります

孔子と曾晳

細川あつしです。
2012年があなたにとって昇り龍のように飛躍と昇華をもたらし、湖にたたずむ龍のように安寧と平和をもたらす年になりますよう、お祈り申し上げます。

今年の初名言ずをお送りします。 
「沂(き)に浴し、舞雩(ぶう)に風(ふう)して、詠じて帰らん。」(論語)
 
孔子が弟子たちに「お前たちがやりたいことを言ってごらん」といったときに、他の弟子が「自分は大臣になる」「大きな国の政治を司る」と述べる中、曾晳(そうせき)は「ちょっと恥ずかしいのですが、春になったら晴着をつくって、召使いを連れて沂という温泉に入って、舞雩という景色のいいところに行って、そして歌でも歌って帰りたいものです」と答えました。
すると、孔子はそれを咎めるわけでもなく、「私も本当はそれがいいんだ」と言ったそうです。
 
あなたはこのお話、どう受け止めますか?
 
よい一日をお過ごしください。

コメントする

» 非公開でコメントする

細川宛のコメントは、下記アドレスまでお願いします。
hosokawa.meigenz@gmail.com

» コメントをみんなに公開する

公開してもよいコメントは、下記欄へご記入お願いします。

コメントは管理者の承認を経てから公開されます。コメントの内容によっては公開されない場合がございます。ご了承ください。

一度投稿したコメントを削除したい場合は、管理者(hosokawa.meigenz@gmail.com)まで連絡をお願いします。削除には数日かかります。ご注意ください。